[10万円以上お得]バイク免許は合宿で取るべき(二輪+四輪同時に)

picture-bike-16 STEP 0~1 バイク選びの前に

■ バイクの免許取りたいけど費用が高いから安くする方法知りたい

■ バイクに早く乗りたいけど免許取れるまで時間がかかりすぎる

■ 合宿で一気に取るか、教習所に通って取るか決められない

実は、「合宿」と「教習所通い」のどちらで免許を取るのが良いか決めるのは簡単です。
それは2週間程度の長期休みが取れるかどうかで決まります。

なぜなら「合宿」で免許を取得したほうが掛かる費用と時間のメリットが大きいから。

うまく条件を活かせば10万円以上の費用を浮かせることが出来ます。これだけお節約出来たらバイク用品をかなり買えますよね。

筆者の免許取得遍歴は
→ 18歳で普通自動車免許を取得
→ 21歳で普通自動二輪免許を取得
→ 24歳で大型自動二輪に限定解除
すべて教習所に通って免許を取りましたが、結果的に一番お金がかかる免許の取り方でした。

よしのパパ
よしのパパ

当時は学生なので長期休暇は取ることが可能だったのに、「合宿」という選択肢は思い付かなかったので損しました。

結論はバイクの免許取得費用を抑えたい人で長期休みが取れる人は「合宿」が絶対に得です。
合宿所を検索するなら下記の2つのサイトが使いやすいです。理由はこの記事で解説しています。
»[合宿免許受付センター]
»[合宿免許DREAM]

免許の取り方「合宿」と「教習所通い」の違いを解説

picture-bike-53

合宿所とは

免許取得できる合宿所とは、全国にある合宿施設付きの教習所のことです。

つまり合宿で免許と取得するとは、宿泊施設付きの教習所の泊まり込んで短期間で一気に免許を取得する方法のことです。なかには教習所の近くのホテルと提携して泊まり込みで免許を取得できるようになっている教習所もあります。

泊まり込む期間は取得する免許で変わります。少し下にスクロールすると免許取得する際の期間や費用についての一覧表があります。

教習所とは

教習所は全国各地にある免許を取得するための施設です。泊まり込むことはできないので自宅から通える教習所を探すことになります。

合宿所とは違い、講習や講義は自分で予約を取ってスケジュールを作る必要があります。
合宿と比べると教習所は費用と時間がかかります。

まだどの種類の免許を取るか迷っている人は↓下記事を参考にしてください。

バイクの免許の種類やどの免許を取ればどのバイクが乗れるのか一覧表にまとめてあります。
»[比較表あり]バイク免許の種類のメリットデメリットでまとめました

「合宿所」と「教習所」それぞれの費用と取得期間一覧表

林道スクーター

どちらの方法でどの免許を取るにしても大体いくらかかってどれくらいの期間掛かるのか一覧表でまとめてあります。

特に「普通自動車免許」をすでに持っているかどうかで値段がかなり変わります。

また、「普通自動二輪」と「普通自動車」を一緒に「合宿」で取る場合が一番値段差が大きいのでそのあたりを表で確認してください。

取得免許(所持免許) 教習所の免許取得費用 教習所の免許取得最低日数 合宿の免許取得費用(※1) 合宿の免許取得最低日数 教習所と合宿の差額費用
普二(普四なし) 約17~18万円 12日間(※3) 約10~11万円 9日間 約7万円
普二(普四あり) 約9~12万円 12日間(※3) 約9~10万円 9日間 約2万円
普二AT限定(普四なし) 約16~17万円 11日間(※3) 約9~10万円 7日間 約7万円
普二AT限定(普四あり) 約8~11万円 11日間(※3) 約8~9万円 7日間 約2万円
普四+普二同時 約38~44万円 26日間(※3) 約27~32万円(※2) 20~23日間(※2) 約9~12万円
追加講習の料金相場 約4000円(1日) 25才以下は上限ありで無料が多い(※4)

※   普通自動車免許を「普四」普通自動二輪免許を「普二」と記載しています。

※1 合宿費用は一番安い部屋に宿泊するのを想定し、宿泊費も含む。

※2 二輪四輪それぞれATかMTかで費用と日数が前後する。(ATのほうが安く、日数短い)

※3 実際はすべての学科と技能教習を効率よく予約できることはまずないので合宿とは違って実現性はほぼない日数。

※4 宿泊する教習所によるので確認が必要。

どんな人に「合宿」がおすすめか解説

バイクキャンプ テント

一番オススメな人は普通自動車免許+普通自動二輪免許(同時取得)

■ 普通自動二輪免許(普通自動車免許持っていない人)

■ 普通自動車免許+普通自動二輪免許(同時に取る)

特に2輪と4輪を同時に取るパターンが10万円くらい「通い」より安くなるので費用的にも日数的にもメリットが多くておすすめできます。

よしのパパ
よしのパパ

「合宿」は普通自動二輪だけでも時間も費用もお得で、四輪免許を一緒に取ると費用面がさらにお得になるってことです!

合宿のメリット

■ 普通自動車免許と普通自動二輪免許を一緒に取ると「教習所通い」に比べて10万円以上安い

■ 毎日効率よく実技講習と学科講習が受けられる

■ ハイシーズンを避けたり、キャンペーンをうまく使えば安くなる

■ スケジュール管理が楽

■ 合宿中に仲間ができる

■ 地元から離れた土地に泊まり込むので観光気分を味わえる

よしのパパ
よしのパパ

金銭面と、時間面が特に大きなメリットですね。

合宿のデメリット

■  スケジュールが管理されていて窮屈に感じる

■  基本は合宿中は帰宅不可

■  共同生活なのでルールがある

■  一人が好きな人は煩わしい

■  ある程度まとまった休みが取れないと参加自体が厳しい

合宿がオススメな人

picture-bike-32

■  2週間ほど休みが取れる人

■  安く、早く免許を取得したい人

  まだ普通自動車免許も普通自動二輪免許も持っていない人

合宿をオススメしない人

  普通自動車免許を持っている人

普通自動車免許を持っていると、バイクの免許を取るときに学科教習が免除になります。
バイクの技能教習は1日の間に受けられる上限時間が決まっているので、学科教習免除で時間が空いても技能教習を詰め込むことができません。

つまり合宿中に学科を受けるべき時間が無駄になるので、合宿のメリットが生かせないのです。

  普通自動二輪免許を持っていて限定解除する人

普通自動車免許を持っている人と同じ理由で合宿のメリットを活かせません。

教習所通いのメリット

■ 自分のペースで教習を受けられる

■ 
普通自動車免許を持っている人でも「合宿」で取得するのと、費用的にはほぼ同じ

教習所通いのデメリット

■ 教習の予約とキャンセル待ちは想像以上にめんどくさい

■ 予約が思い通りに取れないので免許が取れるまで期間が長くなる

■ 何度も教習所まで通わないといけないので交通費や時間のロスが大きい

合宿先を探す時は合宿免許専用検索サイトがおすすめ

picture-bike-36

「じゃあ合宿で免許を取ってみようかな」と思ったとしても、近くの教習所に合宿施設があるかどうかを調べていくのは大変です。そんな時は全国の合宿施設がある教習所を一括で検索できるサイトが便利です。

ここからは合宿検索サイトの使い方と注意点を解説していきます。

合宿検索サイトの使い方の注意点

合宿免許検索サイトは普通自動車免許(四輪)がメインなので、バイクの免許はキャンペーン一覧に紹介されていない場合があります。

フリーダイヤルに電話して確認するとわかりますが、バイク免許の合宿のプランはちゃんとあるので安心してください。(中型、大型それぞれ選べます)


また合宿検索サイトごとに紹介されている教習所に、ばらつきがあります。
なので検索サイトは、情報の網羅性を考えると2つのサイトで条件検索したほうが目的に添ったものが見つかりやすいです。

よしのパパ
よしのパパ

この後に、オススメできる合宿検索サイトを2つ紹介します。

合宿免許申し込みの具体的な手順

① 合宿免許検索サイトで自分が取得したい免許が安くなるプランを探す

② 良いプランが見つからないなら電話かメールフォームで問い合わせてみる

③ プランが決まったらそのプランに対応している合宿所を見つける

④ 合宿の日程を決めて予約をして申し込みは終了!

合宿免許検索サイトは[合宿免許受付センター]と[合宿免許DREAM]が使いやすい

今回紹介している2つのサイトがおすすめな理由

■ 全国(沖縄以外)の教習所を網羅

■ 紹介されている教習所の数が最大級

■ サイトが見やすい

■ オペレーターの対応が良い(実際に問い合わせて実証済み)

合宿で免許を取れる教習所を探せる便利サイト
»[合宿免許受付センター]

»[合宿免許DREAM]

さらに超具体的な申し込み方法は別記事で解説

今回2つ紹介した合宿所検索サイトでそれぞれどのように問い合わせるかを、別記事で画像付きで詳しく解説しています。
この記事を見ながら合宿免許を申し込めば簡単です。
»[バイク]合宿免許受付センターと合宿免許DREAMに申し込む具体的な方法

2つのサイトに問い合わせてみれば、自分に合うプランの中で一番安いコースを見つけられるはずです。

合宿申し込みは最低1か月前、連休狙いなら3か月前に予約!

よしのパパ
よしのパパ

2022年3月初旬にこの記事で紹介している合宿申し込みサイトに問い合わせてみました。
普通自動二輪免許の合宿を関東近辺で探すと「特に連休狙いではなくても予約は約一か月後からの予約になります」と言われました。

連休などに合宿で免許を取る予定なら3か月くらい前に取らないと予約はいっぱいになります。日程が決まっている人は今すぐにでもとりあえず予約しておいた方がよさそうです。

合宿申し込みは2つのサイトで調べてみる

最終的に合宿免許を「申し込む」のは1回です。自分にとって一番条件の良い合宿施設が申し込める合宿検索サイトが見つかったら、その合宿検索サイトから申し込めばOKです。

ですが「自分にとって一番条件の良い合宿施設」を見つけるには、網羅性を考えると2つのサイトで条件検索したほうが目的に添ったものが見つかりやすいです。

理由は検索サイトごとに紹介している合宿施設が違うため「免許取得費用」、「合宿可能な日時」、「合宿所の立地」などが違うからです。

よしのパパ
よしのパパ

自分にとって一番良い条件が見つかるまで、2つの合宿検索サイトを比べてみてください。

まとめ

峠、カーブ

「合宿」で免許を取る方が多くのメリットがあります。

長期休みを取る必要がありますがバイクの免許を取る人は学生の方も多いはずです。転職中の人にも「合宿」はおすすめできます。

ぜひ休みを取って費用と時間のロスを抑えてバイク本体やバイク用品の購入費に回して賢くバイクライフを送ってください。

よしのパパ
よしのパパ

私は「教習所通い」で免許を取りましたが当時の自分に「合宿」で免許を取る方が良かったって教えてあげたいです。

可能な人は「合宿」で免許を取ると免許取得費用を節約できる

picture-bike-31

どうしてもまとまった休みが取れない人以外は全員「合宿」で免許を取ってしまうことをおすすめします。

今回の記事では、合宿所を検索できる便利サイトを2つ紹介しています。

それぞれすべての合宿できる教習所を検索できるわけではありません。

2つとも覗いてみて希望を聞いてみてください。

きっと費用や、期日に満足できるプランが見つかると思いますよ。

予約は季節によって早めに埋まってしまうので思い立ったらすぐ問い合わせてください。

合宿で免許を取れる教習所を探せる便利サイト
»[合宿免許受付センター]

»[合宿免許DREAM]
よしのパパ
よしのパパ

今回2つ紹介した合宿所検索サイトでそれぞれ画像付きでどのように問い合わせるか別記事で詳しく解説しています。この記事を見ながら合宿免許を申し込めば簡単です。
»[バイク]合宿免許受付センターと合宿免許DREAMに申し込む具体的な方法

ぜひ行動を起こしてください。バイクは乗り始めてしまえば本当に楽しい乗り物です。文字通り人生が変わる乗り物です。
合宿中の就寝前などにバイク選びを楽しんでバイクに乗れるまでの日々をワクワクで過ごしてくださいね。

免許を取った後には楽しい楽しいバイク選びとバイクライフが待っています。

この後のあなたのバイクライフが良いものになるように祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました